最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

溶血性レンサ(連鎖)菌、溶連菌の怖さ。

投稿日:

スポンサードリンク


こんにちは、また寒くなってきたような気がする今日この頃。。。

みなさん、溶連菌って知っていますか?

幼少期にかかったことある人もいるんじゃないかな?

インフルエンザに似た症状が出て、インフルエンザと間違えやすいと言われています。

インフルエンザと同様で飛沫感染するので、知らない間に感染してたりします。

溶連菌のなかにも劇症型といわれる
溶連菌の悪化バージョンがあるのですが、
ご存知でしょうか?

この溶連菌は、人食いバクテリアとも言われるそうで。

溶連菌の劇症型は、死に至る確率もあるんです。
致死率は30%と、数値が出ているそうです。

近年、患者数も増えてきているようで、
2015年で500人ほどまでに達したそうです。


スポンサードリンク



劇症型の溶連菌は傷口(血豆とか)から感染して、
進行していくそうです。

酷い場合になると、傷口が悪化して、
部位の悪化範囲が広がり、
壊死していきます。

壊死して、悪化を放置していた場合、
先ほども書きましたが、
死に至るそうです。

手術をして、悪化した部分の脚、腕等を切除して
命を取り留めた人もいるそうです。

怖いですね・・・。



溶連菌に感染しないために 

溶連菌にはワクチンがありません。
飛沫感染でなるので、マスクの着用をして、手洗いとうがいを心がけるのがベストだと思われます。

劇症型の溶連菌
病気の進行が想像以上に早いので、気づいたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。
ただ、小さい病院だと対応できないので、大きい病院に行くことをお勧めします。
できれば、医療の連携がうまく取れているところがいいのですが、
そこまでの病院があるのかな、と思ってしまったりします。


健康な身体だからこそ、健康な生活ができています。
健康ほど、なくなった時に有難みを感じるものはないと僕は思っています。
手遅れになる前に、命がなくなる前に行けるなら行きましょう。
みなさんも、身体に気を付けてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あさイチ 拮抗筋ストレッチで腰痛・肩こりを解消しよう! かけっこも速くなる!

スポンサードリンク 今日6月14日のあさイチ すご技Qで、梅雨のこの時期自宅でもできる腰痛・肩こりを改善してくれる「拮抗筋ストレッチ」を紹介してましたのでやり方をメモしておきます。 オレンジ色の部分が …

no image

認知症、最近のデイケア、認知介護に取り組む夫婦[動画]

スポンサードリンク 物忘れ、認知症・・・ 似ているようで違うんです。 物忘れは、人の名前が出てこないこと。 人間関係のことまでわからなくなった場合は、認知症。 認知症(アルツハイマー病)の初期症状 ・ …

no image

ビビット 肩こりを解消する運動を首都大学東京の先生が伝授!!

スポンサードリンク 5月17日放送のビビット 名医に聞いた健康法で、首都大学東京の竹井仁教授(理学療法士・医学博士)が、肩こりに効果抜群の筋膜リリース体操を教えてくれました。 筋膜研究の第一人者で、「 …

no image

バイキング サルコペニア肥満についてと予防方法

スポンサードリンク サルコペニア肥満をバイキングで紹介してましたので、まとめました。 ・サルコペニア肥満 サルコ→筋肉  ぺニア→減少 (両方ギリシャ語の意味) という意味で、筋肉量が減り、身体の機能 …

no image

健康なカラダを目指そう! カラダ総点検 脳・心臓編

スポンサードリンク 3/6 @PM 7:00~8:54 駆け込みドクター!SPの突然死につながる病気 脳・心臓編まとめです。 突然死とは、病状が現れてから24時間以内で亡くなることを意味する。 年間約 …

Archives