最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

溶血性レンサ(連鎖)菌、溶連菌の怖さ。

投稿日:

スポンサードリンク


こんにちは、また寒くなってきたような気がする今日この頃。。。

みなさん、溶連菌って知っていますか?

幼少期にかかったことある人もいるんじゃないかな?

インフルエンザに似た症状が出て、インフルエンザと間違えやすいと言われています。

インフルエンザと同様で飛沫感染するので、知らない間に感染してたりします。

溶連菌のなかにも劇症型といわれる
溶連菌の悪化バージョンがあるのですが、
ご存知でしょうか?

この溶連菌は、人食いバクテリアとも言われるそうで。

溶連菌の劇症型は、死に至る確率もあるんです。
致死率は30%と、数値が出ているそうです。

近年、患者数も増えてきているようで、
2015年で500人ほどまでに達したそうです。


スポンサードリンク



劇症型の溶連菌は傷口(血豆とか)から感染して、
進行していくそうです。

酷い場合になると、傷口が悪化して、
部位の悪化範囲が広がり、
壊死していきます。

壊死して、悪化を放置していた場合、
先ほども書きましたが、
死に至るそうです。

手術をして、悪化した部分の脚、腕等を切除して
命を取り留めた人もいるそうです。

怖いですね・・・。



溶連菌に感染しないために 

溶連菌にはワクチンがありません。
飛沫感染でなるので、マスクの着用をして、手洗いとうがいを心がけるのがベストだと思われます。

劇症型の溶連菌
病気の進行が想像以上に早いので、気づいたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。
ただ、小さい病院だと対応できないので、大きい病院に行くことをお勧めします。
できれば、医療の連携がうまく取れているところがいいのですが、
そこまでの病院があるのかな、と思ってしまったりします。


健康な身体だからこそ、健康な生活ができています。
健康ほど、なくなった時に有難みを感じるものはないと僕は思っています。
手遅れになる前に、命がなくなる前に行けるなら行きましょう。
みなさんも、身体に気を付けてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

認認介護が増えている訳とは? なぜわかりづらいのか。

スポンサードリンク 認知症を患っている人を認知症を患っている人が介護する状況のことを認認介護といいます。 ここ最近、増えている傾向が続いているそうです。 気付いた時にはトラブルに・・・!なんてことが起 …

no image

尿漏れ、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁。あなたはどちら?

スポンサードリンク 今や女性の3~4人に1人が尿漏れ・・・ 尿漏れの経験を持つ人が珍しくないんです。 理由の1つとして、尿道の短さが挙げられます。 男性の尿道に比べて、女性の尿道は圧倒的に短い。 泌尿 …

no image

痩せてる人必見、隠れメタボのおそれが。

スポンサードリンク メタボリックシンドロームって、太っている方に多いんですけど、 痩せている人にも隠れメタボがいるんです。 あ、メタボの基準はこちら↓ ご存知の方も多いと思いますが、男性はウエスト周り …

no image

脳腫瘍 タイプ別治療法

スポンサードリンク 埼玉医科大学 国際医療センター 教授 西川亮先生(専門:脳腫瘍)が、 グリオーマ(神経こう腫)、髄膜腫、下垂体膜腫の最新治療法を解説。 脳腫瘍の60%は良性。悪性の場合でも脳の機能 …

no image

反り腰だと腰痛になりやすい?

スポンサードリンク 反り腰だと腰痛になりやすいという指摘が、 3/16放送のホンマでっか!?TVでありましたので、調べてみました。 背骨が曲がっているため、 反り腰は楽に筋肉を使わないで姿勢を維持でき …

Archives