最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

認知症の方でもできること

投稿日:

スポンサードリンク



認知症になっても、まだまだできることってあります。


楽ラクワンポイント介護 認知症 「まだまだできることがある」のまとめです。


認知症になると、何もかもできなくなると思うかもしれないのですが、そうではありません。


少し支援するだけで、認知症患者さんができることはあるということを理解してほしいのです。


人として信頼して、不完全だから取り上げるのではなく、不完全なものは支えればいいじゃないですか。


出来ることは続けられるように支持していけるのがベターです。


スポンサードリンク




例えば、認知症患者さんが刃物(包丁)を使っているときって危なっかしいと思うかもしれませんが、
別に認知症じゃなくても危なっかしい人は危なっかしいですよね?


あと、料理で失敗してしまったから、もう料理はさせないようにしようと思っている人。


・できないと決めつけないで、応援してあげてください。


危なっかしいと思っても、応援する姿勢が大事です。


周りの人ができないと決めつけてしまうと、何もできませんし、何もさせれません。


・一緒にやる。
・1つずつやるように促す。

台所なら、認知症患者さんに何か頼んで、自分は近場で違う作業を行う等、
近くで見守りながら一緒に行い、出来たら感謝する。

また、作業を行ってもらう際には、どのような作業を行ってほしいのか丁寧に説明をする。
終えたら、次の作業に進むという具合に進んでいく。
工程を分けていくとできることがあるわけですよ。
認知症は脳の病気で状況判断能力が落ちますので、
工程をつなげることができなくなります。
だから、工程をわけることによって、認知症患者さんでもできる作業を作るんです。


スポンサードリンク



感想

認知症を患ったからといって、何もできないと思わないこと。

作業を一緒に行いながら、応援すること。

工程を分けて、できる作業を頼んでみる。

できないと決めつけてしまうと、何もできない。

その人がずっとやっていた「習慣」ならなおさら取らないでほしい。

刃物とか使う作業以外なら一緒に行うか、
任せてみてもいいんじゃないか?

人として信頼する。

1度できなかったぐらいで、出来ないと決めつけないであげて。

認知症患者さんも人だよ。

否定されたら気が滅入っちゃう。

何かするときに手伝おうとする人を、邪魔者扱いしないであげて。

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

認知症、最近のデイケア、認知介護に取り組む夫婦[動画]

スポンサードリンク 物忘れ、認知症・・・ 似ているようで違うんです。 物忘れは、人の名前が出てこないこと。 人間関係のことまでわからなくなった場合は、認知症。 認知症(アルツハイマー病)の初期症状 ・ …

あさイチ 拮抗筋ストレッチで腰痛・肩こりを解消しよう! かけっこも速くなる!

スポンサードリンク 今日6月14日のあさイチ すご技Qで、梅雨のこの時期自宅でもできる腰痛・肩こりを改善してくれる「拮抗筋ストレッチ」を紹介してましたのでやり方をメモしておきます。 オレンジ色の部分が …

有吉君の正直さんぽ 白金高輪を散歩して訪れたお店をまとめ!!

スポンサードリンク 11月11日のぶらぶらサタデー 有吉君の正直さんぽで、白金高輪を散歩して訪れたお店をまとめました。 ゲストはサバンナの高橋茂雄、若槻千夏でした。 無添加 焼きそば BAR チェロー …

no image

認知症の人に車の運転をやめてもらう方法。

スポンサードリンク 認知症患者が車の事故を起こすことを新聞で見る・テレビで聞くことがあると思います。 認知症患者に運転をやめてもらう方法を 楽ラクワンポイント介護にて解説していたので、まとめます。 と …

no image

尿漏れ、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁。あなたはどちら?

スポンサードリンク 今や女性の3~4人に1人が尿漏れ・・・ 尿漏れの経験を持つ人が珍しくないんです。 理由の1つとして、尿道の短さが挙げられます。 男性の尿道に比べて、女性の尿道は圧倒的に短い。 泌尿 …

最近のコメント

    Archives