最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

健康なカラダを目指そう! カラダ総点検 脳・心臓編

投稿日:


スポンサードリンク



3/6 @PM 7:00~8:54 駆け込みドクター!SPの突然死につながる病気 脳・心臓編まとめです。


突然死とは、病状が現れてから24時間以内で亡くなることを意味する。


年間約10万人が突然死している。


主に、脳・心臓の病気が原因となっている。


特に、心臓病は6割を占める。


2012年厚生労働省 「人口動態統計」によると、
日本人の死因は

1位 がん
2位 心疾患
3位 肺炎
4位 脳血管疾患

となっており、心臓の病気が上位に来ている。


※こちらのP15に載っています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei12/dl/00_all.pdf




突然死が最も多く起こる場所は?








意外かもしれないですけど、自宅なんです。
睡眠時、入浴時、排便時などなど。


特に入浴中に起こる事故が多く、交通事故の5倍。
失神して、5000人は溺れてしまい、亡くなる。


・入浴時にどうして失神してしまうのか?

入浴時は急激な血圧の上昇と急降下が起こりやすいんです。
脳の血流が悪化し、気持ちよく寝るような感じで気を失う可能性もあると言う事です。

湯船に浸かると血圧が上がりますし、湯船から出ると血圧が下がります。
特に、寒暖差の激しい冬ではヒートショックとよばれる現象が起きます。
※ヒートショックとは、血管が縮んだり、広がったりすることで発症する病です。
血管の収縮により、心筋梗塞を引き起こすこともあるそうです。
出来るだけ、浴室と脱衣所のところの温度差がないのがいいと医学的に言われています。

温める方法としては、シャワーを少し流すとか、
フタを開けて湯気を出しておくようにして、
温度を高めると効果的です。


あとは、月別で見ると4月に亡くなるのが多いそうです。
環境の変化によるストレスが要因の1つと考えられています。

2月25日に大阪・梅田で起きた車両事故も
大動脈解離が原因の1つといわれています。

車の運転は緊張とストレスによって交感神経を高め、
血圧が上昇し、血管に負担がかかります。
そのため、突然死の危険が高まるといわれてます。



突然死になりやすいタイプ
該当するものが多いほど危ないです。

熱い風呂が好き
負けず嫌い
食べるのが早い
運動不足
早口でせっかち


番組で最悪の結果を出した人は、長洲小力さんです。


FullSizeRender (12)

IMG_0680

FullSizeRender (17)

FullSizeRender (18)

FullSizeRender (19)

FullSizeRender (20)
※項目:AST,ALT,ɤ-GT,T,BIL,TTT,CL,血糖値、HbALC,
中性脂肪、血清アミラーゼ、コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、白血球数、クレアチニン、重度の糖尿病Ⅱ型。

全項目で基準値を上回り、重度の糖尿病と診断されました。


長洲小力さんのとある日の生活↓

ビデオ (8)


循環器科 池谷敏郎医師は、性格・性分は変えられないが、行動パターンは変えられると
この動画を見た後発言。


好きなものばっかり食べてしまう気持ちもわかりますがね・・・という気持ちになりました。



スポンサードリンク




そこで、医食同源で突然死を予防できる、血管を強くする料理を公開。


血管をしなやかに開く「アマニ油」、「青魚」、
血管のさび付きを防いでくれる「にんにく」、「ブロッコリー」、「トマト」、
他に「たまねぎ」、「牛肉」、「チーズ」、「ソバ」
などを選ぶことが大事ですと池谷敏郎医師。


日々の食事に気をつけることが動脈硬化の進行を抑えて、突然死の予防につながると。


そこで、中華、和食、洋食の3分野の各料理人がレシピを伝授。


中華 四川料理の伝統を継承! 絶品血管パワーアップ料理

文京区・千駄木にある本格四川料理を作る「天外天」の中川優氏が調理。

使う食材は、ソバ、トマト、玉ねぎ、にんにく、ブロッコリー、牛肉。

調理動画↓


ビデオ (9)


管理栄養士 伊達知美さんによると、
牛肉などのたんぱく質をやわらかく調理することにより、消化吸収がよくなる。
この1品で1食に必要な栄養素がバランスよく摂れるメニューですと分析。


お次は和食 和の芸術! 料理人の技が詰まった血管健康料理

板橋区・大山町にある日本料理 「キレイになるための食卓」の住川敏道氏が調理。

使う食材は、青魚のさわら、トマト、チーズ、ソバ、ブロッコリー、玉ねぎを使用。


調理動画↓


ビデオ (10)

旬の魚であるさわらにはDHA・EPAが豊富に含まれており、良質の脂であると伊達さんは分析。

最後に洋食 洋食界の風雲児 俺流血管強化料理


銀座 「俺のイタリアン」の山浦敏弘氏が調理。

使う食材は、アマニ油、トマト、玉ねぎ、にんにく、チーズ、ブロッコリーを使用。

調理動画↓


ビデオ (11)


トマトに含まれるリコピンは油を使った調理法で吸収率が上がると伊達さんは解説。

来月のメニューに載せるとシェフが言いました。580円でお店で提供するそうです。

このメニューのみ詳しい分量etc↓


FullSizeRender (34)


チーズにはLTPという血管に良い成分が含まれていると池谷医師。

LTPとは、チーズや発酵食品に含まれている成分。
血圧降下や血管の収縮を防ぐ。血管機能の改善に役立つ。
特に、ブルーチーズにはLTPを多く含む種類がある。

血管には、青魚の脂に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)もよいといわれている。
血液中にある余分な中性脂肪、コレステロールを減らし、血圧を下げる作用がある。

EPAが多く含まれている魚介類は・・・↓


FullSizeRender (35)
マグロです。

マグロのトロですね、あれに含まれているそうです。

あとは、旬のカツオ。

初鰹より秋に旬を迎える戻り鰹の方がEPAは多いそうです。

まとめ

健康のために大切なこと 突然死編

・お風呂・脱衣所の温度差に注意
・血管に良くない行動パターンには気をつける
・血液には青魚に含まれる成分がよい

です。

健康を気にするという事は、
体を大事にすることだと思ってますので、
自分の体を労わってあげてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

発がん性もあり得るアクリルアミドについて

スポンサードリンク 内閣府 食品安全委員会がアクリルアミドについての報告をしました。 「リスクは極めて低いが、発がんの懸念がないとは言い切れない。」 https://www.fsc.go.jp/top …

no image

ビビット 肩こりを解消する運動を首都大学東京の先生が伝授!!

スポンサードリンク 5月17日放送のビビット 名医に聞いた健康法で、首都大学東京の竹井仁教授(理学療法士・医学博士)が、肩こりに効果抜群の筋膜リリース体操を教えてくれました。 筋膜研究の第一人者で、「 …

no image

徳永英明さん 難病であるもやもや病の手術成功

スポンサードリンク 徳永英明さん(55)が以前から患っていた「もやもや病」の手術に成功しました。 もやもや病とは? 非常に細い血管が新しくできてくる病気。 血管を見る検査をすると、もやもやした細い血管 …

no image

脳出血のリスクが?!朝食を抜くと危険。

スポンサードリンク 朝食を抜くと脳出血のリスクが36%上昇するという可能性が示唆されました。 大阪大学 医学博士 磯 博康教授曰く、 朝起きてから2~3時間くらいで血圧がピークに達します。 もし、朝食 …

no image

溶血性レンサ(連鎖)菌、溶連菌の怖さ。

スポンサードリンク こんにちは、また寒くなってきたような気がする今日この頃。。。 みなさん、溶連菌って知っていますか? 幼少期にかかったことある人もいるんじゃないかな? インフルエンザに似た症状が出て …

Archives