最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

同じものをいくつも買ってしまう認知症の人を持つ方へ

投稿日:2016年3月5日 更新日:

スポンサードリンク



楽ラクワンポイント介護 2/16 @PM3:25~3:30 のまとめです。


認知症の人が、同じものをいくつも買ってしまうということに直面したことがありますか?


・本人にとって、必要なものを買っていると理解することが大事。


認知症の周りの人は、認知症の人が同じものをいくつも買ってしまっていることを問題視しますが、
実際は本人が必要なものだから買っているんですね。
それが、同じものなだけなのです。


認知症は脳の病気です。
買ったものがあることを忘れてしまうのです。
記憶障害ということです。


スポンサードリンク



家族はどのように対処すればよいのか?


・買ってしまったことを叱らない・問いたださない。
・物を買うこと自体は止めなくても、買ったものをお店に事情を言って買い戻してもらう。


買うこと自体は、認知症の人にとっても大事な行為です。
買うことを止めるのではなく、溜まってきた物をどうするのか、どう支援していくのかが大事。


食べ物の場合はどうすればよいのか?


古い食べ物が残る。古いものを食べる。病気になる。
賞味期限をよく確かめましょう。
お腹を壊したり、病気になってはなんで防げなかったのだろうと後悔します。


・家族、近所、友だちなど支援をしてくれる人を探す。
・家族、お店の人、周りの人と協力する。
・物の時と同様、お店に事情を話しておく。
認知症の方が買い物に来た際に、「これは昨日買っていったわよ」などと声をかけてもらい、
お店の方も配慮してくれるようにお願いする。


最近は認知症の理解が広がっているので、躊躇わずに言うとよいでしょう。



スポンサードリンク



感想


買い物をすること自体は悪いわけではないので、

認知症の方の行動を否定してはいけない。

事情を話して、返せるものはお店に返しにいこう。

食べ物は、賞味期限の確認を怠らないこと。

何かあって入院されたり、病気になってしまっては後の祭り。

認知症の認知度は広がりつつあると同時に、高まりつつある。

周りの人と連携をうまく取って、支援できる体制を作るのが大事。

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

尿漏れ、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁。あなたはどちら?

スポンサードリンク 今や女性の3~4人に1人が尿漏れ・・・ 尿漏れの経験を持つ人が珍しくないんです。 理由の1つとして、尿道の短さが挙げられます。 男性の尿道に比べて、女性の尿道は圧倒的に短い。 泌尿 …

no image

めまいの原因とは? めまいの解説

スポンサードリンク めまいってなにが原因なのでしょうか? 先どり今日の健康 2/27 NHK総合 @AM4:15~30で、 東海大学 飯田政弘教授(耳鼻咽喉科)を招き、めまいについて徹底解説してもらい …

no image

油を病気予防に。注目の油は?

スポンサードリンク 油で、認知症の予防ができたりするのって、知ってますか? 食品と油の関係を研究して30年、 慶応義塾大学医学部教授 井上浩義さんに油について この差って何ですか? 仰天SP 3/13 …

no image

バイキング サルコペニア肥満についてと予防方法

スポンサードリンク サルコペニア肥満をバイキングで紹介してましたので、まとめました。 ・サルコペニア肥満 サルコ→筋肉  ぺニア→減少 (両方ギリシャ語の意味) という意味で、筋肉量が減り、身体の機能 …

no image

介護における家族の役割とは

スポンサードリンク 介護していて、家族の役割ってなんなのだろう?と思ったあなた。 楽ラクワンポイント介護「認知症 家族の役割」をまとめましたので、見ていってください。 脳の病気で起こる認知症。 ケアマ …

Archives