最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

ウチくる!? エンタメ

ウチくる 寺脇康文さんと浅草・新仲見世商店街で訪れたお店

投稿日:


スポンサードリンク




6月26日のウチくるで、寺脇康文さんと一緒に浅草・新仲見世商店街で端から端まで制覇した際に訪れた飲食店・甘味処・専門店・カフェなどをメモしておきます。


岩下尚史さん・岡田結実さん・はしのえみさん・高橋恵子さん・水田航生さんがゲストとして出てきました。




元祖 釜めし春  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目14−9







電話:03-3842-1511
営業時間: 11時00分~21時00分
HP: http://kamameshi-haru.com/




創業90年目の釜めし一筋の老舗。



FullSizeRender (63)


新潟県産のコシヒカリの特選米を、
創業時から変わらない醤油ベースのタレで味付け。


具は鳥・カニ・エビ・ホタテ・イクラ・竹の子・椎茸・しめじの8種類を使用。

タレと素材の旨味が広がるように約20分炊いている。


優しく、甘い米の味が口の中に広がります。



河村屋浅草店  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目22−8
電話:03-5806-0266
営業時間: 10時00分~19時00分



漬物店。


寺脇さんの好きな食べ物ベスト1が水茄子ということで、水茄子漬を食べていました。

大阪泉州産の水茄子漬は、嫌いだと言っていたしょこたんも食べられました。

あと、かっぱ漬きゅうり(かつお味・うめ味)も食べていました。


かっぱ漬きゅうりは一夜漬けで作っているそうです。


水茄子漬は540円、かっぱ漬きゅうりは1本150円。



アウルの森 浅草新仲見世通り店


住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目22-3 大東ビル2階(新仲見世通り)







電話:090(2244)2960
営業時間:10時00分~21時00分
定休日:年中無休


6月8日にオープンしたばかりのフクロウカフェ。


入園料は大人890円、子ども540円。(1時間です)


ソフトドリンクは1杯無料で付いています。
(追加は100円かかります)


ダチョウ倶楽部肥後さんの娘さんが働いています。笑



かなや刷子



住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目28








大正3年に創業した刷子専門店。


ハケ・刷子・ほうきなど合計400種類を販売しています。


有名なのは、馬毛歯ブラシ。(324円)

天然の馬の毛を使用。
毛が開きにくく、持ちも良い。
ありがたいことに、歯や歯茎に優しく磨ける。








舟和 本店  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1-22-10







電話:03-3842-2781
HP: http://funawa.jp/shop/item_list?category_id=66263


芋問屋と菓子職人が明治35年(1902年)に創業した老舗。


名物となるみつ豆を1903年に初めて喫茶店で提供した。



FullSizeRender (65)


お店の人気ナンバーワン。


抹茶寒天・抹茶のパウンドケーキ・白玉・芋ようかん・芋金貨・紫芋のクッキーがのっております。



FullSizeRender (64)


昔ながらの元祖みつ豆も人気です(^^♪



Miso & Antiques


住所:東京都台東区浅草1-28-1







電話:03―5830―7810



今年4月4日にオープンしたお店。


元々栃木・足利で古美術商を40年やっていて、その敷地内で懐石料理もやっていた食と器をセットにしたお店。


味噌と古美術のお店、ってことですね。


ビールの素となる二条大麦と栃木県産大豆を使用した味噌を販売しています。



マルイチベルト  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目29−4
電話:03-3844-6344
営業時間: 本日営業 · 11時00分~19時00分



1945年に創業したベルト専門店。



他にも、扇子専門店、帽子専門店などもありますよ。



高久  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草7丁目7−4
電話:03-3844-1581



1936年創業の草履専門店。

家紋傘など、外国人向けの商品も売っている。



マルベル堂 新仲見世店
  
住所:東京都台東区浅草1-30-6 MAP
電話:03‐3844-1445
営業時間:平日 11:00~19:00
土日祝 10:30~19:00 



大正10年創業。
日本唯一のプロマイドの専門店。


往年のアイドルの若かりし頃とか売っているかもしれませんね。



小柳  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目29−11







電話:03-3843-2861



1924年創業の老舗の鰻店。


浅草界隈でも人気のお店。



FullSizeRender (66)


国内産の鰻を使用。


創業以来の継ぎ足しのタレに漬けて焼き上げている。


3回タレに漬けては焼きを繰り返している。




浅草かんざし屋  wargo

住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目32−3
電話:03-3845-6331


1996年にオープンした、日本唯一のかんざしセレクトショップ。


外国人・女性に大人気。



FullSizeRender (67)



FullSizeRender (68)




出目金とんぼ玉簪は店長のオススメ。


雷門提灯一本簪と仁王尊像一本簪はしょこたんが欲しいと思ったものです。



今半本店  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1−19−7
電話:03-3841-1411
営業時間: 11時30分~14時30分, 16時00分~20時00分
土日 11時30分~20時00分
定休日:火曜日
HP: http://imahan-honten.co.jp/



1895年創業の老舗すき焼き店。


坂本九さんの「上を向いて歩こう」は今半のすきやきが語源となっているんですって。




おいもやさん興伸


〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目39







HP: http://www.oimoyasan.com/



1876年創業の老舗。



蜜たっぷりの大学芋を頂いていました。


大学芋(みやび)は100g 240円です。
200gから販売しています。




杵屋 新仲見世店  


住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目32−1







電話:03-3844-4551
HP: http://www.asakusa-shinnaka.com/




1996年にオープンしたせんべい屋。


焼き立てのせんべいを頂いていました。


うす焼しょうゆ(焼き立て)は1枚 70円です。



のレン


住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目33−1







電話番号 03-5246-4097
営業時間 10:00~19:30(年中無休)


2016年4月29日にオープンした和雑貨屋。


詳しくは→店舗情報



感想


380mもある新仲見世商店街を制覇するという初めての企画でした。


浅草は老舗が軒を連ねていたり、若いお店との共存がいいなあと思いました。


気になるお店がありましたら、


行ってみてくださいね~\(^o^)/



スポンサードリンク



スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-ウチくる!?, エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火曜サプライズ 野村周平&平祐奈が小岩アポなし旅で訪れたお店を紹介!

スポンサードリンク 5月9日の火曜サプライズで、野村周平&平祐奈が小岩アポなし旅で行ったお店をまとめました。 レポ REPOS キングコングカフェ   所在地: 東京都江戸川区南小岩6丁目3 …

正直さんぽ 有吉が千住・南千住でトレエン・田中卓志と訪れたお店を紹介!

スポンサードリンク 今日9月17日のぶらぶらサタデー・有吉君の正直さんぽにて、千住・南千住を散歩して訪れたお店をメモしておきます。 ゲストはトレンディエンジェルとアンガールズ田中卓志でした。 葱茂 所 …

ウチくる 三田寛子と浅草・まるごとにっぽんで満喫スペシャル!!

スポンサードリンク 今日9月11日のウチくるで、三田寛子と一緒に浅草にあるまるごとにっぽんで紹介していたものをメモしておきます。 ゲストは三田寛子の息子3人(国生・宗生・宣生)・鈴木福・あばれる君・山 …

嵐にしやがれ ご飯のお供デスマッチで紹介した全国の絶品グルメまとめ!

スポンサードリンク 6月3日の嵐にしやがれで、向井理&尾野真千子と全国のご飯のお供デスマッチで紹介した絶品グルメをまとめました。 方寸 白ねぎ醤油 3瓶セット 2200円 大分県にある日本料 …

ヨルナンデス 函館めし&絶品うに丼&ジンギスカンを片平なぎさが堪能!!

スポンサードリンク 今日7月13日のヨルナンデスで、函館でゲストの片平なぎささんと一緒に絶品函館メシ、湖に浮かぶカフェ・絶品うに丼、塩ジンギスカンを食べてましたので、メモしておきます。 南原清隆さん・ …

Archives