最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

医療

めまいの原因とは? めまいの解説

投稿日:

スポンサードリンク


めまいってなにが原因なのでしょうか?
先どり今日の健康 2/27 NHK総合 @AM4:15~30で、
東海大学 飯田政弘教授(耳鼻咽喉科)を招き、めまいについて徹底解説してもらいました。 
めまいの診断と治療が専門分野です。

めまいの原因は・・・↓

FullSizeRender (32)
なんと耳が原因の全体の6割を占めています。
頭は1割半ば。命にかかわるものもあるようですが、耳が多くを占めています。

意外なことに、耳は体のバランス・平衡感覚を司る部位(神経)なんです。
バランスをとる働きが衰えてくると、体がふらついたり、うまく歩行ができない。
加えて、めまいが起きる。

どうしてバランスを保てなくなるのか?

FullSizeRender (33)
棒が指している「鼓膜」の奥にある「内耳」に障害が起きると、バランスがうまく保てない上に、めまいが起きる。

FullSizeRender (34)
↑3つの半円の管があります。これを半規管といい、3つあるから「三半規管」といいます。
「三半規管」は体の回転運動を感じ取ってくれるところです。
運動会とかでバットをおでこに当てて回ったことがありますか?
回った後、目が回ったような感覚になるのは、三半規管が正常に機能しているからです。

三半規管が体のバランスに非常に重要です。

↓右の三半規管の模型です。

FullSizeRender (35)
お互いが直角の位置をなしている。
それで、このそれぞれの半規管の面の動きを感じている。

写真中心の半規管は、頭を水平に回転した時の動きを感じ、
写真右の半規管は、頭を右斜め方向に前後左右回転した時の動きを感じ、
写真左の半規管は、頭を左斜めに前後左右開店した時の動きを感じる。

左側にも同じ構造の三半規管がある。
左右の三半規管の働きが正常であれば、バランスが保てているということなのですが、
どちらかの働きに異常があると、バランスが崩れ、めまいが発生する。

FullSizeRender (36)
三半規管に続くように、2つ「耳石器(じせき)」があります。
この2つの耳石が重力を感じ、体がどちらに傾いているかを感じるところ。

2つの耳石は直角に位置してます。
↓は耳石器の模型。

FullSizeRender (37)
神経の上にちょうど毛が生えているようなかたち。
そのうえにあるのが、カルシウムでできた「耳石」という小さな粒の塊がたくさん並んでいます。

たとえば、エレベーターにのっているとします。
エレベーターが上下に動いたときに、耳石が動いたのが神経に伝わり、揺れているなという感じになる。

このような感じで耳石は揺れている↓

ビデオ

今度は水平の位置になった時。
たとえば、自動車、電車などに乗った時に、身体が左右に動くというのが神経に伝わった場合にそういう感覚が伝わってくる。


スポンサードリンク



天井、壁、床が自分が動いていないのにあたかも自分が回っているような錯覚を感じる現象がめまいです。

耳が原因で起こるめまいは3種類あります。

・良性発作性頭位めまい症
・メニエール病
・前庭神経炎


・良性発作性頭位めまい症

これがめまいの原因で最も多いそうです。

FullSizeRender (1)
半規管と耳石器が障害されて起こる。

特徴
めまいは数分以内
回転性の強いめまいが繰り返し起こる。
頭を特定の位置に動かしたときに起きる。
難聴・耳鳴りはない。


・メニエール病

FullSizeRender (2)
半規管、耳石器、蝸牛のすべてに障害が起きていることで起きる症状。

特徴
めまいは10分~数時間ほど続く
ぐるぐる回るようなめまいが繰り返し起こる。
ストレス・疲労・寝不足がきっかけになりやすい。
蝸牛が障害されているので、難聴・耳鳴りの聴覚障害あり。

長引くことがあり、何年も続くこともある。

メニエール病に近い病気で「突発性難聴」がある。
突発性難聴はめまい、難聴の発作が繰り返さない。
1回大きな発作があるとあまり続かない。
ここがメニエール病と異なるところである。

・前庭神経炎

FullSizeRender (3)
三半規管・耳石器が脳に伝える神経である前庭神経がある。
前庭神経の障害で、起こる症状。

特徴
めまいが数日間続く。
かなり強いめまい。
繰り返さない。
風邪の後などに発症するのがきっかけになる。
難聴・耳鳴りなどはない。

基本的に神経の病気なので、早めに病院に行くことをオススメ。

責任感が強く、あまり仕事を他人に任せられない人がなりやすいと先生は言ってました。
繊細な人、最後まで物事をやり抜く方がなりやすい。

乗り物酔いを止める薬が応急処置として効果的。
そのあと、落ち着いてから耳鼻咽喉科に行くのが良い。
難聴は早めに治療をしないと、後遺症として残ったり、治らなかったりする。
なので、早めに受診することをオススメ。

片頭痛を伴うめまいで「前庭性片頭痛」があります
片頭痛と一緒にめまいが起きる症状です。
命に直接かかわることはないが、
めまいでしんどいのに、片頭痛もあるという二重苦。
頭痛の治療が先決になるので、神経内科等にいって
適切な診断を受けて、治療をうけるのがベター。


スポンサードリンク


命にも関わる脳の病気

・脳梗塞
・脳出血
・脳腫瘍

この3種がめまいの原因になることがある。

脳の中には体のバランスを整える働きがある。
小脳・脳幹部が障害を受けると体のバランスが取れなくなる。
脳が原因となるめまいの病気が起きる。

耳か脳かわかりづらいです。

そこで、飯田先生は特徴的な症状を挙げてくれました↓


FullSizeRender (4)
こういう症状があるときには、脳の病気を疑ってくださいとのこと。

脳が原因だと思った際は、出来たら救急車を呼び、神経内科、脳神経外科、救命救急科などで早めの受診をオススメ。

感想

耳には大事な働きがあった。
ただ音を聞くだけでなく、バランスを保っている役割があるのは知らなかった。
めまいの中にも種類がいくつかあり、
脳の病気に直結してしまうものもあって怖いと思った。
命の危険を脅かすものもあるので、気をつけたい。
頭痛って、軽いイメージがあったが、まとめていてイメージが変わった。

スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あさイチ 拮抗筋ストレッチで腰痛・肩こりを解消しよう! かけっこも速くなる!

スポンサードリンク 今日6月14日のあさイチ すご技Qで、梅雨のこの時期自宅でもできる腰痛・肩こりを改善してくれる「拮抗筋ストレッチ」を紹介してましたのでやり方をメモしておきます。 オレンジ色の部分が …

no image

認知症の人につらくあたってしまう方へ

スポンサードリンク 楽ラクワンポイント介護 認知症 @PM3:25~31 まとめです。 認知症の人につらくあたってしまう家族の皆さん、心中お察しいたします。 しかしながら、おそらくですが、最も認知症で …

no image

反り腰だと腰痛になりやすい?

スポンサードリンク 反り腰だと腰痛になりやすいという指摘が、 3/16放送のホンマでっか!?TVでありましたので、調べてみました。 背骨が曲がっているため、 反り腰は楽に筋肉を使わないで姿勢を維持でき …

no image

バイキング サルコペニア肥満についてと予防方法

スポンサードリンク サルコペニア肥満をバイキングで紹介してましたので、まとめました。 ・サルコペニア肥満 サルコ→筋肉  ぺニア→減少 (両方ギリシャ語の意味) という意味で、筋肉量が減り、身体の機能 …

no image

ワンポイント介護 認知症で病院に行きたがらない人への対策

スポンサードリンク 認知症は早期の発見が大事です。 早く見つけること、早く診断を受けれることで、 病気そのものを治せたり、 進行を遅らせたり、 対処することができ、 認知症からくる影響を小さくすること …

最近のコメント

    Archives