最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

NBA スポーツ バスケ

NBAマガジン 2月 まとめ

投稿日:

スポンサードリンク


NBAマガジンのまとめをします。

FullSizeRender (94)
コービーのナイス笑顔ですね。

オールスター前夜祭、オールスター、オールスター後の展望が中心でした。

今回のオールスターゲームは初めてアメリカ国外(カナダ・トロント)で行われました。
カナダとバスケットボールはつながりが深いのです。
1891年にカナダ人のネイ・スミスさんがバスケットボールを考案しました。
また、NBAの前身であるBAAが初めてゲームをしたところもカナダなんです。

オールスター前夜祭
http://xn--u9j001jhxfiugfw3c4zgiop.com/62.htmlを見てもいいかもしれません。

スキルズチャレンジ
今回はフォワード・センターのポジションの選手も参加しました。
スキルズチャレンジとは、バスケの基礎であるドリブル、パス、シュートなどの総合的な技術を競うものです。
1対1形式のトーナメント方式で行われます。

FullSizeRender (95) ドリブルをして、パスを入れた後、レイアップ。最後にまたドリブルして3Pを決めたら終わりです。

決勝はカール・アンソニー・タウンズVSアイザイア・トーマスでした。

FullSizeRender (96)
結果は、タウンズが優勝しました。

FullSizeRender (97)

優勝したタウンズの予選から決勝までの動画はこちらから。



全選手のハイライトが見たい方はこちら。



スリーポイントシュートコンテスト
制限時間は1分
5か所から5本のシュートを打ちます
カラーボールは2点
1か所すべてはカラーボールで打てます

決勝戦は、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの同じチームメイト同士でやることになりました。
FullSizeRender (98)
優勝はクレイ・トンプソンでした。
FullSizeRender (99)
2人の予選と決勝の動画がこちら。


全選手のハイライトはこちらから。



スラムダンクコンテスト
審査員5人いて、各1人が持ち点10点で、満点が50点。
2回の試技の合計点で争う。

決勝はアーロン・ゴードンVSザック・ラビーンでした。
FullSizeRender (100)
優勝はザック・ラビーンでした。
FullSizeRender(101)

アーロン・ゴードンとザック・ラビーンの2人の決勝戦はこちら。


全選手のハイライトはこちらから。


あとは、ライジングスターズチャレンジ。
157-154でアメリカ選抜が世界選抜を破りました。

MVPもザック・ラビーンでした。
FullSizeRender(102)

スポンサードリンク


オールスターゲームで。
コービーが最後のオールスターということで、特別なオールスターだったと思います。


ジャンプボールがまさかのレブロンVSコービーだったんです。
IMG_0479

シーズンではなかなか見られないカリーのダンクもありました。
ただ・・・

FullSizeRender
着地をミスって、足をくじいていたんです。
ポポビッチは見逃していませんでした。さすがポッブです。笑

あとは、コービーVSレブロンのシーンが好きでした。
IMG_0481

MVPは2年連続でラッセル・ウェストブルックでした。
FullSizeRender (1)
もうコービーが見れない寂しさと、
これから台頭してくる新たな選手たちに注目していきたいです。

スポンサードリンク


オールスター後の展望ですね。

オールスター後はプレーオフに出れるかどうかがかかってくるので、大事です。

オールスター前のイーストの順位です。

FullSizeRender (2)
ご存知の人もいると思いますが、
キャブスのHCデイビッド・ブラッドが解任されました。
ウォーリアーズに大敗したのが理由じゃないかと言われています。
ベテランや選手と不仲だったという説もありますが・・・。
真実はわかりません。
新しいHCティロン・ルーになってから、選手を活かした攻撃的なチームになりました。
D.ブラッド体制では1試合平均101.4点でしたが、
T.ルー体制では、108.5点になりました。(オールスター前)

また、2位のラプターズ。
HCドゥエイン・ケーシーが作り上げた安定したチームディフェンスが好調の要因です。

オールスター前のウエストの順位です。

FullSizeRender (3)
ウォーリアーズとスパーズの2強のウエスト。
強すぎる・・・というのが印象です。

もうウォーリアーズはプレーオフ確定しましたし。
最速です。

塚本清彦さんが注目したのはサンダーです。

特に、オールスターに出てたウェストブルックとデュラント。
ウェストブルックはミスター・トリプルダブルと呼ばれています。
得点を取りに行く選手だったのが、アシストをするようになってから、
トリプルダブルをできるようになりました。
※1試合のアシスト平均は昨季8.6から今季10.0に上がっています。(オールスター前)

サンダーが2強を崩すポイントとして、
攻撃的なウェストブルックが
相手ポイントカードにプレッシャーを与えれるかどうかが鍵だと言ってました。

あとは、ポイントガードに焦点を当てたからクリッパーズを挙げてました。
ベンチメンバーを見れば、ウォーリアーズに引けを取らない豪華さ。
ジェフ・グリーンも加えて、さらにベンチの層を厚くしたような気がします。
その選手たちをPGクリス・ポールがどのように使いこなすか、が大事です。
怪我しているブレイク・グリフィンがいつ帰ってくるかも鍵だと思いますね。

NBAマガジン2月号 まとめ終わります。



スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサードリンク
data-ad-format="rectangle"

-NBA, スポーツ, バスケ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

NBAマガジン 3月号の内容まとめ

塚本清彦さんと水野裕子さんが番組をしているNBAマガジン3月号を見て、まとめてみました。 最初にフォーカスしたのは、3月10日に行われた新旧スター対決、レブロン・ジェームズVSコービー・ブライアントで …

no image

NBA プレーオフ開幕 どのチームが勝ち、優勝するか予想してみる

こんにちは。 コービーブライアントの最終試合が終わりました。 最後に60点を取り、逆転勝利をおさめ、やっぱりコービーすげえってなりました。 僕にとって、コービーはNBAを見始めたときからずっと光を放ち …

no image

NBA前夜祭 スキルズチャレンジ 出場者確定

さきほど、3Pコンテストとスラムダンクコンテストの出場者確定と書きましたが、 もう1つスキルズチャレンジの出場者も確定しました。(書き忘れていました←苦笑) 以下の8人が出場者です。 G パトリック・ …

no image

NBAオールスター目前。 注目は? 

(現地)2月14日にNBAの祭典ことオールスターが開催されます。 今回は、初めてカナダ トロントで開催されます。 トロントには、トロント・ラプターズというチームがあります。 スターターを紹介します。 …

no image

NBAマガジン 1月号  まとめ

こんにちは、basukeです。 NBAマガジン1月号を見ました。 現在、NBAのシーズンも半分を過ぎまして、カリー選手所属のウォーリアーズの’15-’16シーズンの成績は・・・ なんと、43勝4敗と断 …

Archives