最近話題の情報

気になった情報を紹介、共有していきます。

TV エンタメ

ぶっちゃけ寺 遺品整理をするコツをお坊さんが伝授

投稿日:

スポンサードリンク




今日5月9日放送のぶっちゃけ寺で、遺品整理のコツ、遺品供養の方法をぶっちゃけ寺のお坊さんが教えてくれました。
大切な人が無くなった後、形見として持っていた方がいいのか、それとも捨てていいのかわからないという人に、参考になればと思い、書き残しておきたいと思います。


逸見太郎さんが、父逸見政孝さんの遺品整理ができないということで、今回この企画がされました。



  • お坊さんが遺品整理の心得



  • 遺品整理とは、無くすことではない。
    形のない物として永遠の物を手に入れるということが遺品整理の大事なことである。



    FullSizeRender (91)


    自分の人生を前向きなものにする物なのか、仏に返し供養する物なのか。
    その「分別」する、分別するという本当の意味が込められている。


    人によっては部屋も全然触らない人もいますよね。
    それは、時間を自分で止めてしまったということです。
    そうすると、一生懸命亡くなった人が往生しようとしているのに、戻って来いと引っ張っているような状況になっている。
    整理っていうのも供養だけど、整理の時間が必要。



    仏教的な観点からいえば、物への執着が取れていない。
    遺品整理をして思い出を整理するぶんには大切に扱っていれば供養に値し、処分をしているわけではない。
    また、供養をの方法によっては故人に思いを届けられる。



    FullSizeRender


    逸見政孝さんが平成教育委員会で着ていた衣服を捨てるかどうかを悩んでいた逸見太郎さん。

    お坊さん目線でいえば、故人が大事だと思っていたものほど、捨ててあげるのが本当は大事。

    本当に辛いことだと思いますけど…。

    仏教の世界は「諸行無常」、それすなわち「こだわらない事」。
    あるとこだわってしまう。
    人間は物を見て、認識して色々な思いを馳せてしまう。
    ということは、思い出が一杯詰まっているということ。
    それは、「新しい自分が育ちにくい」ことなのです。
    捨てていった方が前には行きやすいという考え方。



    FullSizeRender (1)



    自分が生きていく上で、未来の糧になるという物残す。
    逆に、過去にこだわりすぎてしまう物は整理するという考え方である。



  • どのように整理すればよいのか?



  • 燃やして形を無くす。
    そうすると、スッキリ納得いく。

    燃やしてしまうだけではなく、その前に撥遣供養を行う。
    撥遣供養とは、物に残っている念や思いを故人に届ける供養。
    供養をしてから、燃やすということ。

    衣服の整理は、お経をあげてから、お焚き上げをする。
    お焚き上げをすることによって、衣服を炊き上げることで過去に囚われなくするという手段もある。


  • 他の整理方法



  • 衣服の整理だと、寸法を直して再利用をするという手段もある。

    仏教的にも衣服は大事。
    お坊さんでいえば、「三衣一鉢」といい、お坊さんが着る三種の衣と一つの鉢を僧侶が亡くなった時に衣鉢を継ぐ。
    師匠から衣服を受け継ぐのは伝統。

    また、衣服の整理として、一切れだけ裁断して形見として残すという手段もある。
    遺品を残しておくだけでなく、形を変えたり、再利用することが前向きになれるきっかけにもなる。



  • 着物の整理の仕方



  • 昔は、子どもやいとこが形見分けをしたが、今は要らないという人が増えてきた。
    お焚き上げをする方法もあるが、人形に作り変える方法もある。



    遺品を整理するときは、自分に合った遺品整理をしましょう。



  • 数珠・お守り



  • ファンの方からもらったものなので、処分すると罰が当たるのではないかと思っていた逸見太郎さん。

    しかし、お坊さんはこう言いました。
    罰は当たらないと思いますよ。
    親が子の不幸を願うはずはないから。

    逆に、ここい置いておきますと思いが留まっていますから、それはマズイ。
    気になるな、粗末にしているなと思いが残っているから。


    お守り、数珠といった神仏的なものを残しておくと罪悪感を感じることもある。
    そうなってしまうなら、思い切って整理しましょう!という思い切った考え方。


    本来であれば、もらったお寺や神社に返しに行くのですが、わからなければ近くのお寺や神社に相談に行くのが良い。


    数珠やお守りはお寺や神社で魂抜きの供養をし、その後お焚き上げを行うのが良いとされている。


  • 近所にお寺がない場合



  • 遠方であったり、事情があって行けない場合は、連絡を入れて郵送でもOKらしい。


    神道では、塩で清めて整理する場合もある。(土に埋めてしまうなど)


    基本的にはお寺、神社でお焚き上げが望ましい。
    時間がない人、諸事情色々ある方は連絡を入れ相談してから送る形をとるのがよいとのこと。




    スポンサードリンク




  • 故人の宝物



  • ゴルフのコンペで取ってきたトロフィーとかが整理できずに困っている逸見太郎さん。
    父の栄光を讃えるトロフィーなだけに、忍びないそうです。
    太郎さんには直接関係ないが、置き場所に悩んでいるがなかなか整理できない。


    お坊さんはこう言いました。


    父親の業績(結果)にこだわることは何もない。
    あなたとの結果とは何も関係ないから、捨てます。
    躊躇なく捨てます。


    トロフィーの整理は、人との縁があったものを断つことで前向きになれると考えている。
    捨てることで、しがらみなく前に進める。



    ゴルフに伴って、ゴルフクラブの処理にも困っている逸見太郎さん。


    仏教の中では、全てのものに魂がこもっていると考えられている。
    大事に使っていた道具は、丁寧に供養するべき。



  • お焚き上げ出来ないものはどうするのか



  • お焚き上げ出来ないので、仏壇の前で魂を抜き、専門業者に相談または委託をする。
    引き取って、自分で処分する場合もある。

    鋳物業者さんに金属などを溶かしてもらい、表札などにして作り直す方法もある。
    再生された形で、一緒に暮らすこともできる。



  • ちょっと変わった物の供養の方法



  • 本人が大事に使っていた道具って、思いが込められている。
    スポーツ関係でいえば、名古屋の医王寺ではボールの供養が行われている。
    中日ドラゴンズの選手たちが参加し、使われなくなった様々なボールの供養をしている。



  • 遺品供養にはどれくらい費用が掛かるのか?



  • 寺によっては、供養代が書いてある。
    あと、量にもよる。
    供養料は、お寺ごとに異なるのでまずは相談。



  • 逸見政孝さんのトレードマークだったメガネ



  • 子どもの頃から見ていたので、真っ先に逸見政孝さんを思い出す品だそうです。


    お坊さんはこう言いました。
    身につけていた物ですから、思いがすごくある。
    普通はお棺に入れる人が多いが、「大事にしたい」と思い、残しておられる方もいる。


    しかし、そこは思いを断つことが大切。
    捨てるのは忍びない、しかしお焚き上げは少々気が引ける。


  • お坊さんが教えるとっておきの供養方法



  • メガネのような特定の物であれば、奉納できるお寺、神社がある。
    供養し、奉納すれば寺や神社に残り、保管される。

    奈良県の壺阪寺でできるそうです。
    1本2000円だそうです。


    他の品々は、神奈川県の満福寺で供養しました。


  • お坊さんが最後に逸見太郎さんに伝えたこと



  • 捨てる物と残す物の境になるものは、自分が「いい意味」で遺品を踏み台に出来るかどうか。
    磨いても光らないものは捨ててほしい。
    その差が、新しい自分を見つけるヒントになる。



    感想

    遺品を整理するときは、その遺品が「前向きな気持ちになるもの」か、それとも「過去に囚われてしまう物」なのかを判断することが大事。

    遺品を偲ぶわけではなく、遺徳を偲んで行う作業なのです。

    遺品を整理するときは、思い出話をしながらするとよいとのこと。

    故人を偲んで思い出話をしながら、遺品の整理をする。

    故人との縁を切るわけでは決してない。

    物とは別れ、心は大事に。

    故人の思いを、心の中に、お腹の中に入れる。

    物と別れ、永遠に思いを刻む。

    供養したら故人に届くのではなくて、自分たちの思いが遺品から離れて、故人が供養に対して「ありがとう」と受け止めるのでしょう。

    魂を浄化し、天へ行く。

    そして、故人に対して「頑張るよ」と思い、生きていきましょう。

    人はいつ亡くなるかわかりませんから。

    その人の記憶、思い出がある限り、その人はあなたの心に居続けます。

    寂しくても良いんです。

    泣いても良いんです。

    故人への「感謝」を忘れず、頑張りましょう。


    スポンサードリンク



    スポンサードリンク
    data-ad-format="rectangle"
    スポンサードリンク
    data-ad-format="rectangle"

    -TV, エンタメ

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    にじいろジーン USJの周辺の大阪ベイエリアにある人気スポットを紹介! 美味しいグルメも!

    スポンサードリンク 7月30日のにじいろジーンで、グッさんといとうあさこがUSJを飛び出してユニバーサル・シティウォーク大阪・大阪ベイエリア周辺で行ったお店を紹介します。 551蓬莱   所在地: 〒 …

    no image

    嵐にしやがれ とろっとろ食感グルメデスマッチで小池栄子と勝負!!

    スポンサードリンク 今日6月4日の嵐にしやがれで、とろっとろ食感グルメでハンバーグ、チャーハン、ポテトサラダ、パンケーキ、お好み焼きをを紹介していましたので、お店をメモしておきます! とろっとろのハン …

    ヒルナンデス 無印良品の狙い目商品ベスト8を紹介! 新作も登場!

    スポンサードリンク 3月1日のヒルナンデスで、新生活にオススメする無印良品7000点の中から選んだベスト8を紹介していましたのでまとめました。 つるの剛士、郡司恭子アナ、榊原郁恵、みちょぱ(池田美優) …

    no image

    イマドキ 美味しいビール&グルメが食べられるお店を紹介!

    スポンサードリンク 今日6月1日放送のめざましテレビ イマドキで、女子ウケがいいフードが充実しているビアスポット(GUMBO& Schmatz)を紹介していましたので、お店をメモしておきます …

    no image

    バイキング 高嶋ちさ子の行きつけ熟成肉&焼肉店を紹介!

    スポンサードリンク 今日5月30日放送のバイキング 坂上忍の特別課外授業で、高嶋ちさ子さんが本当は教えたくない絶品熟成肉&焼肉の名店(旬熟成とニクアザブ)と熟成肉&焼肉の食べ方を教 …

    Archives